・ 善性寺様改修

 ・ バリアフリー改修

 ・ 奈良吉野材リフォーム

 ・ 古民家再生リフォーム

 ・ ロフト付リフォーム

 ・ 無添加リフォーム
 
 
 

   善性寺様改修

開放的なLDK。多くのお客様が訪れるのに最適なスペースです。

障子を開けると、LDKと和室との空間が共有でき、コミュニケーションの取り易さがより効果的になります。

障子を閉めると凛とした印象に。

立派な梁の奥にはロフトスペースになっています

改修前の趣を大切に施工させて頂きました。

栗の大黒柱。
   
お料理をする楽しみが増すキッチンスペースです。 廊下に収納棚を設けています。

   バリアフリー改修


三世帯が暮らす住まい。将来を見据え、バリアフリー住宅にリフォームさせて頂きました。


二間続きの和室。一室は少しモダンさをプラスしたテイストに仕上げました。

杉のフローリングを使用。段差を解消し、安心でストレスゼロの住まいを目指しました。

明り取り窓を設け、暗かったスペースに光を取り入れるよう考慮しました。

キッチンにも梁を見せ、木の温かみが感じられる空間に。

アルミ製の三枚引き戸を使用。とても軽く、開け閉めもスムーズです。
   

   奈良吉野材リフォーム


丸太の梁なども含め、自然素材でリフォームを行ったI氏邸。


ドアや棚なども含め、川口建設が新たに造作で制作しました。


もともと壁があった部分ですが、広々と見せる為に十字型に筋交を入れ広々空間を実現。


もともとクローズキッチンだった場所をオープンに。家族の気配がわかるキッチンです。


リビング、キッチン、階段と別れていた空間を一体化し、人の行き来が分かるように。


大工が現場で施主の意向を汲み取り、棚をつくる場合も多々。


トイレも以前と比べて無垢で暖かい空間に。
 

   古民家再生リフォーム


多数の雑誌掲載されたH氏邸。荒々しく削った丸太に分厚い無垢板を打ち付けた階段が特徴的。


H氏の希望で黒を基調としたデザインに。机や椅子は川口建設の倉庫にH氏と出向き、材料を吟味し自社職人が造作。


入ると誰もが驚かれる玄関。この現場は見学可能なので問い合わせてみよう。


古い構造も活かしながら新しいデザインで蘇った和室。


平屋づくりだった空間を利用してロフトスペースを構築。収納には困らなくなった。


丸太の柱が印象的なLDK。照明や採光にも精密な設計がなされている。

   ロフト付リフォーム


連棟だった家屋のリフォームは、他業者に断られて施工を諦めかけていたそう。そんな中、注文住宅で培った技術力を持つ川口建設が名乗りを上げ、様々な工夫でリフォームを提案。これなら安心してまかせられると諦めかけていた話が進んだ実例です。


すっかり使われていなかった連棟の家屋を、2人のお子様の成長に合わせて子供部屋に。床も天井も無垢の杉板を使用。ロフトの手すりは化粧柱の端材を再利用しています。


大黒柱を見るHさんご夫婦。


ロフト部分はそれぞれのお子さんが好きなクロスを選ばれました。全て自然素材で施工されていて、木と珪藻土の香りでいっぱいでした。

   無添加リフォーム


洗濯物の乾燥や裏口からの出入りを用意にするために増設したベランダ。


一枚板を使い造作した机。G氏邸も自然素材を多用に使ったリフォームの例である。


漆喰の塗り壁に板を重ねた天井。ドアも全て自然素材を使用。


特徴的な梁。施主と共に倉庫に出向き、木材を選べるのも川口建設の特徴。


各種建具も川口建設の手作りです。


今では自然素材の香りに包まれたお宅に。




株式会社 川口建設 〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町508-3 TEL 072-473-4188 FAX 072-473-4588
Copyright © 川口建設. All rights reserved.|